男鹿産ブリで「ぶりごはん」 レンジでチン、男鹿なびが発売

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
男鹿産ブリを使った「ぶりごはん」
男鹿産ブリを使った「ぶりごはん」

 秋田県男鹿市船川港船川のホームページ制作・運営会社「男鹿なび」(船木一社長)は、男鹿産ブリを使った「ぶりごはん」を発売した。地元産魚介類を使った冷凍ご飯シリーズの第3弾で、電子レンジで温めるだけで手軽に味わうことができる。

 男鹿なびは農水産物の加工、販売も手掛けている。市複合観光施設「オガーレ」(道の駅おが)敷地内にある急速冷凍設備を活用し、これまで男鹿産のタイ、タコをそれぞれ使った「鯛(たい)めし」「タコめし」を企画販売してきた。

 「ぶりごはん」には夏場を中心に男鹿沖で取れるブリを使用。船木社長によると天然ブリの旬は冬のため、夏のブリは商品価値が低いといい、加工することで活用しようと今回の商品を開発した。

(全文 487 文字 / 残り 179 文字)