イチゴ「そよかの」、大粒の新品種 県内農家、来年出荷へ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
寒冷地の露地栽培でも大粒に育つ「そよかの」
寒冷地の露地栽培でも大粒に育つ「そよかの」

 農研機構(茨城県つくば市)は、秋田県など東北4県との共同研究により、出荷量が落ち込む初夏に収穫できるイチゴの新品種「そよかの」を開発した。寒冷地で露地栽培でき、食味が良く大粒に育つのが特徴。来年にも県内の複数の農家が出荷を始める予定だ。

 農研機構によると、イチゴは通年で市場のニーズが高いが、関東や九州など主産地の収穫時期から外れる6~11月は国内流通量が落ち込む。東北や北海道では冷涼な気候を生かして春から初夏まで露地物が収穫されており、県内でも湯沢雄勝地域を中心に生産されている。

 ただ、東北以北で露地栽培されている従来の品種は、収穫期後半の6月下旬~7月上旬に小粒化したり、色が黒くなったりするといった課題があった。このため、農研機構は収穫期が遅く多収性の「豊雪(とよゆき)姫」と、食味が良く耐病性のある「さちのか」を交配し、生育が良いものを選抜して改良してきた。

(全文 803 文字 / 残り 417 文字)