北秋田市森吉の小又峡で渓流に流され1人死亡、1人不明【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
男性ガイドと女性ツアー客が流された現場=15時37分、北秋田市
男性ガイドと女性ツアー客が流された現場=15時37分、北秋田市

 8日午後1時半ごろ、秋田県北秋田市森吉の小又峡で、男女2人が渓流に流されたと119番があった。県警ヘリ「やまどり」が同3時50分ごろ、近くで女性を発見して救助したが、搬送先の病院で死亡が確認された。男性は見つかっていない。

 県警などによると、死亡したのは静岡県藤枝市の70代女性、行方不明となっているのは仙北市の男性ガイド。女性は、東京の旅行会社が企画した森吉山や秋田駒ケ岳周辺を巡るツアーに参加。この日は、女性を含むツアー客16人と女性添乗員、男性ガイドの計18人で、小又峡にある「三階滝」を目指していた。

 2人が流されたのは、「千畳敷」と呼ばれる岩場の上流。男性ガイドが女性の手を引きながら歩いて渓流を対岸に渡る途中だった。渓流は、徐々に水位が上がっていたという。先に対岸に渡った3人が一時取り残されて戻れなくなったが、水位が下がった後、自力で移動した。

 ツアーに参加した千葉県松戸市の70代女性は「ガイドが危険だと判断し、(三階滝までは行かず)途中で引き返した。行きは靴がぬれる程度の水位だったが、帰りは膝丈まで増えていた」と話した。

 秋田地方気象台によると、現場に近い北秋田市阿仁合では8日午前0時ごろから雨が降り始め、午前10時からの1時間に8ミリの降水量を観測した。県の防災ポータルサイトで公開している情報によると、現場付近には午前9時半ごろ、20~30ミリの局地的な大雨を降らす雨雲がかかっていた。

 男性の捜索は9日午前7時に警察、消防合わせて約40人態勢で再開する予定。

 小又峡は太平湖の上流にある。約1・8キロにわたる遊歩道の終点近くの三階滝をはじめ、複数の滝が点在し、新緑や紅葉を楽しむことができる人気の景勝地。

 三階滝付近では、2015年8月、埼玉県と神奈川県の男性2人が沢登り中に滝つぼに落下して死亡する事故があった。

同じキーワードのイベント情報