洋上風力促進区域指定へ法定協 本県沖2区域の関係者が議論

お気に入りに登録

 特定事業者が洋上風力発電施設を優先的に整備できる「促進区域」の国指定に向け、利害関係者が議論する法定協議会が8日、全国で初めて秋田市の秋田キャッスルホテルで開かれた。「由利本荘市沖」と「能代市、三種町、男鹿市沖」の法定協が別々に開かれ、それぞれ地元自治体や漁業関係者、学識者らが出席。どちらも地元の理解を得ながら進めてほしいといった意見が目立った。

(全文 714 文字 / 残り 539 文字)