希少なユキヒョウ、もっと知って! 彫刻でPR、大森山

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ユキヒョウと少女の彫刻を慎重に固定する皆川准教授
ユキヒョウと少女の彫刻を慎重に固定する皆川准教授

 秋田公立美術大准教授で彫刻家の皆川嘉博さん(51)が、秋田市浜田のあきぎんオモリンの森(大森山動物園)のユキヒョウ「リヒト」(雄、3歳)をモデルにした陶製の彫刻を制作した。毛並みや色合いを細部まで表現。12日の一般公開を前に、現地では4日に設置作業が行われた。

 秋田美大と同園が共同で取り組む「大森山アートプロジェクト2019」の一環。プロジェクトでは、秋田美大の小牟禮尊人教授が昨年、雄のニホンイヌワシ「鳥海」=17年4月に47歳で死ぬ=をモチーフにしたガラス作品を制作した。今回が第2弾となる。

 リヒトは16年4月に旭山動物園(北海道旭川市)で生まれ、18年3月から大森山動物園で飼育されている。ユキヒョウは国際自然保護連合(IUCN)がレッドリストで「危急種」に指定しており、この希少な動物を同園で見られることを一層アピールしようと作品のモチーフに選んだ。

(全文 716 文字 / 残り 334 文字)