木のおもちゃ作り「楽しい」 親子連れが体験、由利本荘市

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「ひっつきむし」を制作する子どもたちと藤原さん(左)
屋外のテントに設けた木工体験コーナーもにぎわった
「ひっつきむし」を制作する子どもたちと藤原さん(左) 屋外のテントに設けた木工体験コーナーもにぎわった

 秋田県由利本荘市町村(まちむら)の鳥海山木のおもちゃ美術館で6日、「秋の木育おもちゃまつり」が開かれた。市内外から訪れた親子連れが、おもちゃ作りのワークショップなどを楽しんだ。

 同館の「もりのあそびば」の木の中に隠れている芋虫の形をしたおもちゃ「ひっつきむし」を制作した藤原浩司さん(59)=埼玉県羽生市=が、ひっつきむしを作るワークショップを開いた。

(全文 468 文字 / 残り 291 文字)