不明男性、発見できず 北秋田市小又峡水難事故【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
捜索へ向かうため、機材を積み込む県警機動隊員=9日午前8時10分ごろ、北秋田市森吉の太平湖船着き場
捜索へ向かうため、機材を積み込む県警機動隊員=9日午前8時10分ごろ、北秋田市森吉の太平湖船着き場

 秋田県北秋田市森吉の小又峡(こまたきょう)で男女2人が渓流に流され女性が遺体で見つかった事故で、北秋田署などは9日、行方不明となった男性ガイドの捜索を再開したが、発見できなかった。女性の身元は静岡県藤枝市の加納智惠子さん(74)と分かった。10日も朝から男性を捜索する予定。

 行方が分からなくなっているのは秋田県仙北市田沢湖生保内字男坂の会社役員小野信也さん(73)。東京の旅行会社が企画し、添乗員を含む17人が参加した森吉山や秋田駒ケ岳周辺を巡るツアーのガイドをしていた。

 捜索は同署と北秋田市消防本部など約50人態勢で午前7時ごろ開始。2人が流された三角滝の上流約50メートル付近から、下流の小又峡桟橋まで、滝つぼなどを重点的に捜した。いかり型の器具を沈めるなどして滝つぼを探ったほか、河口付近では潜水した。県警ヘリ「やまどり」も上空から1時間ほど加わった。

(全文 706 文字 / 残り 324 文字)