潟上市・妻傷害致死事件 夫に懲役7年 秋田地裁判決

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田地裁(資料写真)
秋田地裁(資料写真)

 同居する妻を暴行し死亡させたとして、傷害致死の罪に問われた被告(69)の裁判員裁判判決公判が9日、秋田地裁であり、杉山正明裁判長は懲役7年(求刑懲役8年)の判決を言い渡した。

(全文 247 文字 / 残り 159 文字)