予定変更は旅行社が判断 森吉・小又峡水難事故

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
2人が流された現場とみられる橋(大屋さん提供)=8月13日
2人が流された現場とみられる橋(大屋さん提供)=8月13日

 北秋田市森吉の小又峡で8日発生した水難事故で、ツアーを企画した旅行会社「クラブツーリズム」(東京都新宿区)は9日、秋田魁新報の取材に対し、当初の予定を変更して小又峡に向かったことについて「会社が判断した」と明らかにした。事故当日の現場は雨。現場をよく知る関係者は、雨天時の小又峡の危険性を指摘する。

 同社によると、一行は8日、森吉山に登る予定だったが、朝からの雨で無理な状況だった。ガイドの小野さんが、普段は気軽に歩けるとされる小又峡周辺を提案。これを受け午前8時ごろ、添乗員が同社の企画担当部署に電話し、会社が変更を判断した。

(全文 599 文字 / 残り 334 文字)