時代を語る・佐藤清太郎(18)森林浴でリフレッシュ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
健康の森を散策後、木漏れ日の下で昼ご飯=平成4年9月
健康の森を散策後、木漏れ日の下で昼ご飯=平成4年9月

 森林が体(健康)にいいのは、小さい頃から経験で知っていました。森林浴とか森林セラピー(療法)といった言葉が一般的になる前から、森に入ると、気持ちがいいというか、心身がすっきりするというか、そう感じたことのある人が結構多いのではないでしょうか。

 平成3(1991)年、「秋田森の会・風のハーモニー」が発足する際、設立メンバーとなってくれた3人の医師が、医学・医療の面から「森の効用」を裏付けてくれました。

(全文 755 文字 / 残り 553 文字)

この連載企画の記事一覧