ダンス+ストレッチ=気軽に踊ろう ダンサー渡辺さんが教室

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ダンスストレッチング教室の講師を務める渡部さん=秋田市役所センタース
ダンスストレッチング教室の講師を務める渡部さん=秋田市役所センタース

 ニューヨークや欧州で経験を積んだダンサー渡部悠さん(27)=秋田市泉=が、ダンスの要素を取り入れたストレッチとして考案した「ダンスストレッチング」を広めようと、秋田市に教室を開いている。「年齢や性別にかかわらず、気軽に集まって踊れる場所にしたい」と語る。

 ダンスストレッチングは2015年に渡部さんが考案した。ヨガやバレエを取り入れた「ウォームアップ」、1分程度の簡単な振り付けを踊る「コンビネーション」、テーマに合わせてイメージを膨らませ、自由に踊る「インプロビゼーション」などがある。柔軟性を高め、筋肉を付けることが期待できるという。

 教室は、市内のコミュニティセンターなどで開講。平日週3回の基本クラスのほか、不定期のワークショップや、アクロバットクラスも開いている。

 「ダンスというと『人前でかっこよく踊る』ようなイメージがあるが、本来は難しいものでなく、誰でもできるもの」と渡部さん。ストレッチと融合させることで、気軽な気持ちでダンスに触れてもらいたいとの思いがある。

(全文 888 文字 / 残り 448 文字)