乳頭温泉「湯めぐり号」出発 プリントトラックでPR【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
ブナ林などをプリントした大型トラックがお披露目された
ブナ林などをプリントした大型トラックがお披露目された

 秋田県仙北市田沢湖の乳頭温泉組合(竹内貴祐組合長)は10日、同温泉郷内を巡る乗り合いバス「湯めぐり号」が運行10周年を迎えたことを記念し、乳頭温泉をPRするイラストをプリントした大型トラックをお披露目した。あきたこまちの新米などを積み、月7回のペースで本県と首都圏を往復する。

 プリントトラックは、25トン車の荷台の側面(高さ2・5メートル、長さ9・5メートル)に新緑と紅葉のブナ林の風景をそれぞれ印刷。後部(高さ2・5メートル、幅約2・4メートル)には乳頭温泉郷のイメージキャラクターの「温泉むすめ・乳頭和(のどか)」を描いた。

(全文 631 文字 / 残り 365 文字)