バレー女子V1、秋田で12日開幕 聖霊高出・佐藤ら出場

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
開幕戦に向けて練習に汗を流す日立の選手たち。右が齋藤
開幕戦に向けて練習に汗を流す日立の選手たち。右が齋藤

 バレーボールのVリーグ女子1部(V1)が12日、各地で開幕する。秋田市のCNAアリーナでは、日本代表の佐藤美弥=聖霊高―嘉悦大出=が所属する日立と姫路が対戦。日立は10日に秋田入りし、同アリーナでトレーニングに汗を流した。

 日立には佐藤のほか、齋藤加奈子(由利高―東北福祉大出)、土井さくら(秋田北高―筑波大出)が所属し、昨季は8位。姫路は2部(V2)を制し、今季V1に昇格した。

 日立の選手たちはストレッチやジョギングで体をほぐし、レシーブ、スパイク、ブロックを練習。リラックスしたムードの中で体を動かした。

 佐藤は「秋田で開幕を迎えられてうれしい。地元の応援にプレーで応え、多くの人に元気を与えたい」と笑顔で話した。

 12日は午前10時半から会場で当日券を販売する。料金は2千~3千円。問い合わせは県バレーボール協会舘岡理事長TEL090・1375・4980

(全文 576 文字 / 残り 194 文字)