動作にバスケのパス… 能代市、健康づくりへ独自体操を考案

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
地域交流イベント「ふっちゃん・ゆっちゃんふれあいまつり」で健康体操をする来場者=6月29日、能代市二ツ井町
地域交流イベント「ふっちゃん・ゆっちゃんふれあいまつり」で健康体操をする来場者=6月29日、能代市二ツ井町

 秋田県能代市が、市民の健康づくりを促し、健康寿命を延ばそうと考案した「のしろ健康体操」の普及に取り組んでいる。「米代の流れ/とうとうと」で始まる市民歌に合わせた約2分半、全17種類の体操。先月下旬から市のホームページ(HP)のトップページに動画を公開している。

 健康体操は市の健康21計画に基づいて昨年考案。腕を伸ばし、体をねじる運動を中心に、バスケットボールのパス動作や、「恋文のまち」をPRする二ツ井地域をイメージして両腕でハート形を描く動作といった能代らしさも取り入れた。

(全文 510 文字 / 残り 270 文字)

外部リンク