本場のきりたんぽどうぞ 大館、まつりにぎわう【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
きりたんぽを味わう来場者
きりたんぽを味わう来場者

 「第47回本場大館きりたんぽまつり」が12日、秋田県大館市のニプロハチ公ドームで始まった。きりたんぽ鍋や県内のご当地グルメなどを提供する108店が並び、多くの来場者でにぎわった。14日まで。

 きりたんぽ鍋は大館、北秋田、能代、秋田の4市の料理店など16店が販売し、昼時には店の前に長い列ができた。各店は1食分ずつ容器に取り分け、比内地鶏などでだしを取った熱々のスープにネギ、ゴボウ、セリといった具を添えて提供した。

 北秋田市から来場した大塚三男さん(75)は「毎年楽しみに来ている。鶏のだしが、きりたんぽに染みておいしい」と話した。

(全文 547 文字 / 残り 280 文字)