台風19号、未明から明け方に秋田最接近 不要な外出控えて

お気に入りに登録

 台風19号は、13日未明から明け方にかけ秋田県に最接近。同日は県内全域で暴風や大雨に見舞われる可能性があり、秋田地方気象台は不要な外出を控え、河川の増水や土砂災害などに警戒するよう呼び掛けている。JR秋田新幹線こまちは午前の3本が運休、秋田、大館能代両空港発着の計19便も欠航する。

 気象台によると、台風19号は13日午前0時~6時に本県に最も近づき、9時ごろには三陸沖に抜ける見込み。予想最大風速(最大瞬間風速)は沿岸の海上23メートル(35メートル)、陸上18メートル(30メートル)、内陸15メートル(同)。海上はしけ、波の高さは5メートルの見込み。

 同日正午までの24時間雨量は多い所で120ミリに達し、局地的に1時間40ミリと激しく降る可能性がある。

 12日は夜から県内全域で風雨が強まった。県総合防災課によると、午後5時ごろ、大仙市で住宅のトタン屋根がはがれる被害が出た。JR羽越、奥羽両線の普通列車計4本が運休・区間運休した。

 このほか、秋田新幹線こまち上下計21本が運休し、空の便は東京、伊丹、名古屋各便の計31便が欠航した。

 県は同日午後5時、県総合防災課長を室長とする災害連絡室を設置。同課によると、午後9時までに北秋田市や男鹿市、美郷町など12市町が自主避難所を開設した。

 3連休に合わせて企画されていたイベントの中止も相次いだ。男鹿市では12、13日の「新・秋田の行事」が中止。両日、JR男鹿線を走る予定だった「SLおが」「DLおが」は、13日は運休する。

 JR秋田支社によると、13日は北上、花輪両線が終日運休。奥羽、羽越、男鹿各線も一部運転を見合わせる。

 航空各社によると、秋田空港発着の東京便は、始発から午後5時5分秋田発羽田行き日本航空166便までの計13便が欠航。札幌、伊丹、名古屋各便や、大館能代空港発着の東京便計6便も欠航する。