SL、雨にも負けず男鹿路走る 13日は運行中止

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
男鹿駅を出発する「SLおが」
男鹿駅を出発する「SLおが」

 JR秋田支社と秋田県による秋の観光プロモーションの一環として、SLとディーゼル機関車で客車をけん引する「SLおが・DLおが」が12日、男鹿線の秋田―男鹿間を往復運行した。台風19号の影響で予定されていた出発式などのイベントは中止となったが、男鹿駅では関係者が集まり出迎えと見送りを行った。13日の運行は中止となった。

 秋田駅からの往路は、ディーゼル機関車が客車4両をけん引する「DLおが」として運行。雨が降り続く中、午前10時47分に予定通り男鹿駅に到着すると、市職員やJR関係者ら約20人がホームで出迎えた。市職員4人が扮(ふん)するナマハゲも登場し、乗客と記念撮影していた。

(全文 480 文字 / 残り 190 文字)