転んで用水路転落か、自転車の男性溺死 大仙の市道脇

お気に入りに登録

 13日午後5時半ごろ、秋田県大仙市板見内字白山堂の市道脇の用水路内で、同市板見内字百目木の農業男性(69)が見つかり、意識不明の状態で市内の病院に搬送されたが、約40分後に死亡が確認された。死因は溺死。

 大仙署によると、男性の自転車が市道に倒れているのを近所の人が発見し、消防に通報。同署員らが男性を捜したところ、自転車のあった場所から約100メートル南側で見つかった。

(全文 270 文字 / 残り 84 文字)