レールバイクで疾走しよう 旧小坂鉄道でレース、参加者募集

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
レースで使用されるレールバイク(旧小坂鉄道茂内駅)
レースで使用されるレールバイク(旧小坂鉄道茂内駅)

 ペダルをこいでレールを走るレールバイクで速さを競う「第1回レールバイクタイムレースin茂内駅」が20日、大館市雪沢の旧小坂鉄道茂内駅の構内で開かれる。廃線でレールバイクを運行し観光振興を図るNPO大館・小坂鉄道レールバイク(近藤肇理事長)の主催。2人一組の出場者を募集している。同NPOは「レールから伝わる音、振動と共に、スピード感を楽しんでほしい」としている。

 レースは、複線となっている旧駅舎前の直線の線路で行う。通常の体験運行で使うものより車高の低い「レース仕様」の2台に、2人一組の参加者がそれぞれ乗車。旧駅舎前を一斉にスタートし、100メートル先の「転車台」で自力で向きを変えて折り返す、計200メートルのタイムレースだ。

 参加費は1人3千円(昼食、保険料など)。対象は中学生以上で18日正午締め切り。申し込みは同NPOのファクス0186・45・1802かホームページで。問い合わせは同NPO本部TEL080・1838・4005

(全文 698 文字 / 残り 278 文字)