脇本の偉人・天野芳太郎しのぶ 男鹿で記念会「功績後世に」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
天野の写真に菊の花をささげる参加者
天野の写真に菊の花をささげる参加者

 秋田県男鹿市脇本出身の古代アンデス文明研究者で、ペルーの首都リマに天野博物館を設立した実業家・天野芳太郎(1898~1982年)をしのぶ記念会が13日、脇本公民館で開かれた。

 地元住民らでつくる脇本天野芳太郎顕彰会と、あきた南米交流会の関係者ら計約50人が出席。例年は屋外に立つ顕彰碑前で実施するが、台風19号に伴う強風のため公民館内の天野の功績を紹介するコーナーを会場にした。

(全文 415 文字 / 残り 225 文字)