歌や踊り華やかに 首都圏県人会、都内で芸能大会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
多彩な演目で盛り上がった芸能大会
多彩な演目で盛り上がった芸能大会

 首都圏秋田県人会連合会(菊地昭夫会長)の第58回芸能大会が14日、東京都文京区の文京シビックセンターで開かれ、観客約100人を前に出演者が歌謡、舞踊、民謡の3部門で自慢の歌や踊りを披露した。

 県出身者の交流と郷土意識の高揚を目的に毎年開かれており、今回は110人がエントリー。華やかな衣装に身を包み、多彩な演目で盛り上げた。観客は熱唱・熱演する出演者に「いいぞ」と声援や拍手を送ったり、歌を一緒に口ずさんだりして楽しんだ。各部門に自由出演コーナーも設けられ、最後は「秋田花まるっ音頭」を踊って締めくくった。

(全文 406 文字 / 残り 152 文字)