時代を語る・佐藤清太郎(23)子供がつくる遊歩道

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
遊歩道で遊ぶ子供たち=秋田市下浜羽川の「健康の森」
遊歩道で遊ぶ子供たち=秋田市下浜羽川の「健康の森」

 木の手入れをして、切り出す林業のための作業道だけが「山の道」ではありません。昭和54(1979)年以来、市民に開放している「健康の森」にはもう一つの道があります。

 この森には保育園児を中心に年間、4千人近い子供が訪れます。昔の子供が野山を駆け巡ったのと同じように遊んでもらっています。安全を確保するため、活動するエリアを決め、主立った道も整備してあります。

(全文 763 文字 / 残り 584 文字)

この連載企画の記事一覧