抱返り渓谷遊歩道、通行止め 台風19号で斜面崩落、仙北市

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
台風19号で大きな被害を受けた抱返り渓谷遊歩道の10号橋=15日午後2時15分ごろ
台風19号で大きな被害を受けた抱返り渓谷遊歩道の10号橋=15日午後2時15分ごろ

 紅葉の名所として知られる秋田県立自然公園「抱返り渓谷」(仙北市田沢湖)の遊歩道が台風19号の影響で、一部通行止めとなっている。15日に県と市が現地調査し、2カ所で大きな被害を確認した。

 通行止めとなっている遊歩道は、抱返り第2駐車場から「回顧(みかえり)の滝」までの約1・1キロ区間。市によると、台風19号に備えて12日午後4時から通行止めとした。14日朝にも解除する予定だったが、12日夜からの強風と大雨により、駐車場から滝方向へ約600メートルの地点で斜面が崩落。木や土砂が、歩道脇の木製手すりを押し倒した。約1キロ地点の10号橋でも斜面が崩れ、流された倒木などが橋を覆った。

(全文 609 文字 / 残り 318 文字)