「お試し利用」好調 三種町巡回バス、ニーズに地域差

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
 通院のためふれあいバスを利用するお年寄り=15日、三種町浜田
通院のためふれあいバスを利用するお年寄り=15日、三種町浜田

 三種町が今月1日の公共交通再編に伴い導入したワゴン車送迎「ふれあいバス」と巡回バスについて、町は無料お試し期間(1~11日)の利用状況をまとめた。住民団体が中心となり運行しているふれあいバスは、地区によって乗車定員を超える便もあり、町と住民団体は一回り大きな車両に切り替えたり、便数を増やしたりして対応している。

 再編では八竜、山本、琴丘の3地域を走っていた民間路線バスを八竜と能代を結ぶ路線に集約し、代わりに8地区ごとに町の委託を受けた住民団体などが運転を担うふれあいバス(各地区1日5便)と、町内主要施設を結ぶ巡回バス(1日10便)を平日に運行している。ふれあいバスが各集落を回るため、全集落の3割に上る交通空白地が解消された。

(全文 883 文字 / 残り 566 文字)