大曲の花火「秋の章」 19日開催へ復旧作業

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
雄物川河川敷で行われた清掃作業
雄物川河川敷で行われた清掃作業

 台風19号の影響により一帯が冠水した秋田県大仙市大曲の雄物川河川敷で15日、「大曲の花火・秋の章」の19日開催に向けた復旧作業が行われ、約30人が流れ着いたごみを拾い集めた。

 12日開催予定だった秋の章は、大曲商工会議所と市でつくる実行委員会が、11日に安全確保のため延期を決定。前もって椅子席などを撤去した。13日には雨が降り続いて川の水位が上がり、会場が一時冠水。水が引くとタイヤや流木、発泡スチロールなどが残されていた。


 市によると、作業は16日で終わる予定。17日には椅子席を再び設置し、本番へ備える。

(全文 318 文字 / 残り 62 文字)