野菜も果物も…大館の旬を堪能 生徒が地元食材の給食味わう

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
地元食材をふんだんに使った給食を味わう生徒たち
地元食材をふんだんに使った給食を味わう生徒たち

 秋田県大館市の比内中学校(木村伸校長、198人)で16日、地元食材をふんだんに使った「大館ワンだふる給食」が提供され、全校生徒が旬の味覚を堪能した。

 献立は地元産のエダマメを混ぜたご飯や、すりおろしたナシとリンゴをソースに使ったハンバーグ、トンブリとゆで野菜のあえ物など5品。

(全文 274 文字 / 残り 135 文字)