新ホテル計画見直しも 旧ハワイ、マンションは完成目指す

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新ホテルや分譲マンションに再開発する計画が遅れている旧ホテルハワイ・ラグーン=2018年3月
新ホテルや分譲マンションに再開発する計画が遅れている旧ホテルハワイ・ラグーン=2018年3月

 秋田市中通の旧ホテルハワイ2店舗を取得した不動産開発のプレサンスコーポレーション(大阪市)は16日、店舗の一部を大規模改修してオープンさせる新ホテルの事業計画について、計画取りやめを含め抜本的に見直す可能性があることを明らかにした。新ホテルの隣に建設するマンションは、完成を目指す方針を変えていない。

 プレサンス社によると、2017年末の店舗取得時に新ホテルの完成を19年度と設定したが、今年8月に20年度以降に変更。現在も未着工のままだ。延期はホテルの運営を委託する会社選びが難航しているためで、同社の担当者は「委託先が決まらなければ、ホテル事業を取りやめて建物と土地を売却することも視野に入れて検討する」と話した。

(全文 657 文字 / 残り 347 文字)