悲願Vへ闘志!北都銀バド女子 S/Jリーグ、2日開幕

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
悲願の初優勝に向け闘志を燃やす北都銀行の選手
悲願の初優勝に向け闘志を燃やす北都銀行の選手

 社会人バドミントン団体戦のS/Jリーグが11月2日、札幌市で開幕する。女子の北都銀行は、ダブルス日本A代表の米元小春をけがで欠き厳しい戦いになるが、世界ランキング1位の永原和可那、松本麻佑組を中心に悲願の初優勝を狙う。

 リーグは10チームが2ブロックに分かれ、それぞれで総当たり戦を実施。各ブロックの上位2チームが「トップ4トーナメント」に進み、3~5位は順位決定戦に回る。試合はダブルス2、シングルス1で争う。

 北都銀行は2016年以降、3、2、3位と安定した成績を残している。3位だった昨季は、トップ4トーナメント初戦でリオデジャネイロ五輪金メダリストの高橋礼華、松友美佐紀組を擁する日本ユニシスに1―2で惜敗し決勝進出を逃した。

(全文 825 文字 / 残り 506 文字)