マンション発売27年ぶり低水準 上半期21%減、駆け込みなく

お気に入りに登録

 不動産経済研究所は17日、2019年度上半期(4~9月)の首都圏(1都3県)のマンション発売戸数が前年同期比21・7%減の1万1996戸だったと発表した。上半期としては、1万357戸だった1992年度以来、27年ぶりの低水準。都市部を中心に販売価格の高止まりが響いた。

 今年10月の消費税増税の影響について、不動産経済研究所の担当者は「住宅ローン減税拡充の効果もあり、駆け込み需要などは非常に小さかった」と説明した。

 マンション1戸当たりの平均価格は4・2%増の6006万円。工事費や土地の値上がりで販売価格が高く設定された。