豪代表の弟、活躍誇り 秋田ノーザンブレッツのケレビさん

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
W杯初戦のフィジー戦でトライを決めるオーストラリアのサムさん=9月21日、札幌ドーム
W杯初戦のフィジー戦でトライを決めるオーストラリアのサムさん=9月21日、札幌ドーム

 ラグビーのワールドカップ(W杯)で、決勝トーナメント進出を果たしたオーストラリアのセンターを務めるサム・ケレビさん(26)は、秋田ノーザンブレッツ(秋田NB)のフルバック、ジョシュア・ケレビさん(27)の弟。W杯優勝2度を誇る強豪国の中心選手で、ジョシュアさんは「家族思いで優しい弟。活躍を誇りに思う。トライを決めて勝ち上がってほしい」とエールを送る。

 2人はフィジー出身。ジョシュアさんは知人の誘いで来日し天理大でプレー。卒業後に秋田NBに加わり、県のスポーツ国際交流員としてラグビーの普及などに取り組む。

 サムさんは4歳から母方の祖父とオーストラリアで暮らし、人気スポーツのラグビーに打ち込んだ。パワフルな突破が持ち味のセンターに成長し、2012年にはジョシュアさんと共に20歳以下のフィジー代表に選ばれた。世界最高峰リーグ・スーパーラグビーのレッズ(オーストラリア)でプレーし、フル代表まで上り詰めた。

(全文 1209 文字 / 残り 804 文字)