西明寺芋を新たな特産に 焼き芋販売、仙北市西木町の若者

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
サツマイモを西明寺の特産にしようと活動するメンバー
サツマイモを西明寺の特産にしようと活動するメンバー

 西明寺栗の産地として知られる秋田県仙北市西木町の西明寺地区の若者らが、「西明寺芋」の名称でサツマイモを新たな特産にしようと取り組んでいる。生産団体を組織し、焼き芋に加工して市内外のスーパーで販売しており、活動5年目を迎えた今年は干し芋も商品化した。

 生産団体は「西明寺スイートポテトプロジェクト」。遊休農地や耕作放棄地を有効活用しようと、20~30代の農家や会社員を中心に18人で2015年に立ち上げた。同地区は桧木内川流域にあり、水はけが良い土地が多いため、サツマイモの栽培に適しているという。

(全文 732 文字 / 残り 483 文字)