ハピネッツ、好調維持できるか 19、20日に敵地で琉球戦

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
前節のA東京でディフェンスする秋田の保岡(左から2人目)とコールビー(右)。守備を武器に流れをつくりたい
前節のA東京でディフェンスする秋田の保岡(左から2人目)とコールビー(右)。守備を武器に流れをつくりたい

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)東地区の秋田ノーザンハピネッツは、19日午後7時5分、20日午後2時5分から、沖縄市体育館で西地区の琉球と戦う。前節は昨季1勝もできなかったA東京から白星を挙げた。好調を維持し続けたい。

 旧bjリーグで4度の優勝を誇る琉球は、3季連続でチャンピオンシップ出場の実力がある。昨季はけが人が続出する中、40勝20敗で西地区1位。秋田が獲得したガード古川孝敏や橋本竜馬(北海道)など主力の移籍が相次いだが、ハードな守備と豊富な運動量で接戦をものにしている。

(全文 507 文字 / 残り 261 文字)