特別支援学校の教諭がわいせつ行為 懲戒免職に

お気に入りに登録

 秋田県教育委員会は18日、生徒の体を触るわいせつな行為をしたとして、県内の特別支援学校に勤務する30代男性教諭を懲戒免職処分とした。県内の特別支援学校の教諭がわいせつ行為で懲戒免職となるのは初めて。

 県教育庁特別支援教育課によると、わいせつ行為があったのは9月上旬。被害生徒の保護者から校長に相談があり、発覚した。ただ、保護者から強い要望があるとして教諭の勤務先や、生徒との関係性、行為の場所などは明らかにしていない。刑事告発は行わない方針。

(全文 557 文字 / 残り 335 文字)