G20財務相会議が開幕 麻生氏「世界経済回復に遅れ」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
G20財務相・中央銀行総裁会議が開幕し、記念撮影する参加各国の財務相と中央銀行総裁ら=17日、米ワシントン(共同)
G20財務相・中央銀行総裁会議が開幕し、記念撮影する参加各国の財務相と中央銀行総裁ら=17日、米ワシントン(共同)

 【ワシントン共同】日米欧の先進国と新興国による20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が米首都ワシントンで17日夜(日本時間18日午前)、2日間の日程で開幕した。初日は世界経済の成長を落ち込ませるリスク要因を確認した。麻生太郎財務相は初日終了後に記者会見し「世界経済の回復は遅れている」と危機感を表明し、米中貿易摩擦の影響を「注意深く見ていかないといけない」と述べた。

 麻生財務相と日銀の黒田東彦総裁が共同議長を務めた。中央銀行の金融政策だけでなく、財政出動を伴う経済対策も動員して、景気失速を食い止める方向で議論したとみられる。