関電問題、電事連の新会長が謝罪 「信頼裏切った」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
電気事業連合会の会長に再登板し、記者会見する勝野哲会長=18日午後、東京・大手町の経団連会館
電気事業連合会の会長に再登板し、記者会見する勝野哲会長=18日午後、東京・大手町の経団連会館

 大手電力会社で構成する業界団体、電気事業連合会の会長に再登板した勝野哲会長(中部電力社長)が18日、記者会見し、関西電力の役員らによる金品受領問題について「大変重く受け止めている。社会の信頼や期待を裏切った」と謝罪した。業界のコンプライアンス(法令順守)を徹底するため、18日付で電事連に新たな委員会を設置したことも明らかにした。

 勝野氏は会見で「私の使命は電力事業や原発に対する信頼回復に取り組むことだ」と強調。関電には、新たな第三者委員会を通じて「社会の皆さまへの説明責任を果たしてほしい」と求めた。