都知事、五輪マラソン「東京で」 札幌変更見通しに

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
記者会見する東京都の小池百合子知事=18日午後、東京都庁
記者会見する東京都の小池百合子知事=18日午後、東京都庁

 東京都の小池百合子知事は18日の定例記者会見で、2020年東京五輪のマラソンと競歩が札幌で開催される見通しとなったことに対し「これまで準備を重ねてきたので、東京でという気持ちに変わりはない」と述べた。30日からの国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会で東京開催を主張するかは明言しなかった。

 また、15日に大会組織委員会の武藤敏郎事務総長から札幌開催案を説明された際、費用は国が持つことや、変更する競技はマラソンと競歩のみだと伝えられたことを明らかにした。

 小池知事は「協議もなく提案されたことに疑問を感じざるを得ない」とIOCや組織委の対応を批判した。