水産庁、北朝鮮船衝突映像を公開 EEZ内、漁業取締船との事故【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
水産庁が公開した、7日に能登半島沖で同庁の漁業取締船「おおくに」に北朝鮮漁船が衝突した事故の映像(左上から下、右上から下)。放水を受けた北朝鮮漁船が漁業取締船に衝突し、離れた後に傾いて沈没。その後、救助活動が行われた
水産庁が公開した、7日に能登半島沖で同庁の漁業取締船「おおくに」に北朝鮮漁船が衝突した事故の映像(左上から下、右上から下)。放水を受けた北朝鮮漁船が漁業取締船に衝突し、離れた後に傾いて沈没。その後、救助活動が行われた

 水産庁は18日、能登半島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内で北朝鮮漁船と、水産庁の漁業取締船「おおくに」が衝突した事故の映像を公開した。

 水産庁の神谷崇資源管理部長は同日記者会見し、「取り締まり活動が適切に行われていたことを国民に理解してもらうため、公益性の観点から公開した」と説明した。

 映像は約13分。取締船はEEZからの退去警告に従わないとして北朝鮮漁船に放水した。その後、漁船の左舷が取締船に衝突し沈没した。神谷氏は取締船の操船や放水は「適切だった」と述べた。

 衝突事故は7日午前、能登半島の北西約350キロにある日本海の好漁場・大和堆周辺で起きた。

同じジャンルのニュース