警部と警部補、不適切な事故処理 物損を人身に切り替えず

お気に入りに登録

 秋田県央部の警察署に勤務していた60代男性警部と50代男性警部補が、適切な交通事故捜査の手続きをしなかったとして、それぞれ本部長訓戒、本部長注意の処分を受けていたことが18日、県警への情報公開請求で分かった。

(全文 290 文字 / 残り 185 文字)