こんにゃくで新おつまみ開発 大曲高生4人、20日まで販売

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
おつまみを開発した4人。後列左から時計回りに、小松さん、煙山さん、雲然さん、高橋さん
おつまみを開発した4人。後列左から時計回りに、小松さん、煙山さん、雲然さん、高橋さん

 秋田県大仙市の大曲高校商業科の3年生4人が地元企業と共同で、こんにゃくを加工したおつまみ「秋田しょっつるのすにゃっく」を商品化した。19日から2日間、市中心部で行われる「大仙市秋の稔(みの)りフェア」で販売する。

 考案したのは雲然琢哉さん、煙山楓也さん、小松奎洋(けいよう)さん、高橋依吹さん。商業科の3年生は「課題研究」の授業で商品開発や広報活動などに取り組んでおり、4人は同校近くの「池田珍味店」の協力を得て、新しいおつまみの商品化を目指してきた。5月下旬からコンセプトや味付け、デザインを検討。学校をPRしようと、稔りフェアでの販売を決めた。製造は北海道函館市の食品加工会社に委託した。

 4人は消費者の健康志向の高まりを意識して、食材にこんにゃくを選択。こんにゃくをしょっつるなどで味付けして乾燥させ、ふんわりとした食感やしょっつるの香りを楽しめるようにした。

(全文 678 文字 / 残り 294 文字)