「生徒の思考、うまく補助」 北秋田、タイ視察団が授業見学

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
数学の授業で生徒の話し合いを見学するタイの教育関係者
数学の授業で生徒の話し合いを見学するタイの教育関係者

 来県中のタイの教育関係者29人が18日、秋田県北秋田市の鷹巣南中学校を訪れ、数学の授業を見学した。県教育委員会が教育を通じて海外と交流を広げようと2015年度に始めた「秋田の教育資産を活用した海外交流促進事業」の一環。

 一行は、同事業でタイに派遣されたことがある教育専門監の堀内亜希子教諭の授業を見学。円の周、直径、面積のうち、半径と比例の関係にあるものを生徒が話し合って考える様子を、動画や写真に収めたりメモを取ったりしていた。

 ノンタブリ県第1地区初等教育局のヌタノン・トゥブァックム指導主事は「やや難しい内容だが、生徒が考えるのを先生がうまく補助していたのが印象的だった」と話した。

(全文 441 文字 / 残り 146 文字)