だまこカレー…秋商の商品いかが? 秋田駅前で生徒販売

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
多くの来場者でにぎわったアキショップ
多くの来場者でにぎわったアキショップ

 秋田市の秋田商業高校の生徒が県内企業と開発した商品を販売する「AKISHOP(アキショップ)」が19日、同市のJR秋田駅ぽぽろーど大屋根下や秋田市民市場などで開かれ、工夫を凝らした弁当や菓子を買い求める来場者でにぎわった。

 商品は、生徒が9グループに分かれ県内の企業と協力して開発。今回はご飯の代わりにだまこを使ったチーズカレーや、タピオカ入りのプリンなどの約40種類を手掛けた。

 大屋根下の会場では、2、3年生約300人がそろいの赤いエプロンを身に着けて「いらっしゃいませ」「いかがですか」と来場者に声を掛け販売していた。運営のほか、会計も全て生徒が行った。朝から大勢の客が訪れ、午前中で売り切れる商品もあった。

(全文 546 文字 / 残り 238 文字)