北斗星(10月20日付)

お気に入りに登録

 歌は時代を反映している。「歌は世につれ、世は歌につれ」という言葉があるほど。時代によってアップテンポな曲が続々と発表されたり、逆に胸に染みるスローバラードが流行したりすることがある

▼1980年代前半に発表した楽曲に絞って演奏するロックミュージシャンのライブが今月、仙台市であった。新しく発表したアルバムの楽曲を携えたり、ヒット曲ばかりを集めたりしてライブツアーを実施するミュージシャンは多い。そうした中にあって、自らの長い音楽活動の一時期に限定してのライブツアーは珍しいのではないか

▼1曲、1曲に心を揺さぶられた。何よりも学生時代真っただ中にあった当時の出来事が次から次へと思い出された。あの頃の友人たちはどうしているかと、久しぶりに連絡を取りたくなったほどである

▼音楽の力は偉大である。テレビやラジオから流れるメロディーや歌詞の1節を耳にしただけで、一瞬にして“あの日、あの時”にタイムスリップした気持ちになることがある。誰もがそんな一曲を持っているはずである

▼大切な人との別れなど、人生の転機に歌に助けられることがある。お気に入りの歌の歌詞が進むべき道を決めることだってある。もちろん老若男女に時代を超えて長く愛される歌も

▼秋の夜長。押し入れの奥にしまったままのCDやレコード、カセットテープを引っ張りだし、あらためて聴いてみてはどうだろう。若い頃の思い出にどっぷりと浸るのも悪くない。