ロックンB、大差で頂点に 魁星旗争奪ボウリング

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
4人チーム戦で優勝したロックンボウルB。後列左から時計回りに木村直樹、舟木義之、高橋顕滋、佐藤由美子
4人チーム戦で優勝したロックンボウルB。後列左から時計回りに木村直樹、舟木義之、高橋顕滋、佐藤由美子

 第54回魁星旗争奪県ボウリング大会(秋田魁新報社主催、県ボウリング場協会主管、県ボウリング連盟、県ボウラーズ連盟など後援)が20日、秋田市広面のロックンボウルで行われた。4人チーム戦はロックンボウルBがロックンボウル勢として2年ぶりの優勝を飾った。ダブルス戦は合田福正と佐藤捷利ペア(ロックンボウル)、個人戦は松本悦子(ロックンボウル)がそれぞれ制した。

 大会には県内各地区の予選を勝ち抜いた19チームと前年度優勝チームの計20チーム、80人が出場した。

(全文 679 文字 / 残り 451 文字)