今も続く親交 高校野球99年決勝「秋田―鷹巣」再戦へ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田高と鷹巣高が対戦した1999年の秋田大会決勝
秋田高と鷹巣高が対戦した1999年の秋田大会決勝

 秋田市のさきがけ八橋球場で22日、1999年全国高校野球選手権秋田大会決勝を戦った秋田高と鷹巣高(現秋田北鷹高)の当時のメンバーが再び戦う。当時秋田の監督だった小野巧さん(64)=同市泉、元県高野連会長=が、監督生活をスタートしたのが鷹巣だった縁もあり実現した。小野さんは「印象深いあの試合のメンバーで再会できるのはうれしい」と話している。

 小野さんは80年4月に鷹巣の監督に就任。創部当初は専用のグラウンドがなく、就任から2年ほどは近くの町営球場や公園、陸上競技場の芝生などで練習した。用具をリヤカーで運んでいたことから「地域の方からはよく『リヤカー野球部』と言われていた」と懐かしむ。

(全文 773 文字 / 残り 478 文字)