台風、自宅の外で被災3割超 19号死者・不明者

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
台風19号の影響による大雨で押し流された車が残る宮城県丸森町=21日午後
台風19号の影響による大雨で押し流された車が残る宮城県丸森町=21日午後

 東日本に記録的な大雨をもたらした台風19号で、21日までに死亡が確認された83人と行方不明者11人のうち、3割を大きく上回る計36人が避難や見回りなどで自宅の外に出ていた際に被災したことが、共同通信のまとめで分かった。大半は車で移動中だったとみられ、冠水や道路崩落などによる事故が原因だった。

 一方、自宅内で浸水や土砂崩れによる死者・行方不明者も3割強だった。状況が不明な被害者もいるが、災害時に命を守るため、早期に安全な避難をすることの重要性が浮き彫りになった。

 共同通信が各自治体の発表や取材をもとに、被害者の最後の目撃情報や遺体発見場所などから検証した。