このきりたんぽ、食べちゃだめ! にかほ、象潟小近くに出現

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
きりたんぽのように巻き付いた「いぼた蝋」
きりたんぽのように巻き付いた「いぼた蝋」

 秋田県にかほ市象潟町の象潟小学校近くで、イボタノキの枝に白い固形物が巻き付き、「きりたんぽ」のような形を作っている。鳥海山周辺の動植物を研究している「マンサク会」の横山正義さん(80)が見つけた。

 横山さんによると、白い固形物はろうの塊。枝に取り付いたイボタロウムシの幼虫が越冬のために分泌した。直径約3センチで、長いところで50センチ程度付いている。昨年も同じ木で確認されている。

(全文 284 文字 / 残り 92 文字)