「白神の奥深さ伝えたい」 八峰の写真家、青森に展示場開設

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
旧食堂兼旅館を借り、十二湖の越口の池近くに自身の作品の展示スペースを設けた江川さん
旧食堂兼旅館を借り、十二湖の越口の池近くに自身の作品の展示スペースを設けた江川さん

 秋田県八峰町八森の写真家江川正幸さん(65)が22日、青森県深浦町・十二湖の旧食堂兼旅館内に、白神山地の写真の展示スペースをオープンさせる。約47年間撮り続けた100万点超から常時40~50点をパネルや額装にして飾り、白神の奥深さを伝えるつもりだ。

 江川さんは北海道小樽市出身。弘前大農学部卒業後、青森県側から白神山地を撮影し続けてきた。2008年から八峰町に在住、本県側からも多くの写真を撮っている。学生時代から撮り続けたフィルム写真は約30万点、デジタル写真・映像は約80万点。「白神の四季を展示する場をどこかに常設したい、と長年思っていた」と話す。

 展示スペースの名称は「白神山地アートミュージアム十二湖館」。「越口の池」のほとり、十二湖ビジターセンター近くの旧食堂兼旅館の広間(約70平方メートル)を改装した。旧食堂兼旅館には閉業前に何度か食事に訪れており、なじみがあったという。所有者に依頼し、借りることにした。

(全文 748 文字 / 残り 336 文字)