時代を語る・佐藤清太郎(30)森の恵みにお返しを

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
保育士の研修で森の大切さを説明(左)=今月3日、秋田市下浜羽川の「健康の森」
保育士の研修で森の大切さを説明(左)=今月3日、秋田市下浜羽川の「健康の森」

 長年、木を育てていると、面白いことに気付かされます。一緒に植えたはずなのに成長が異なり、太い、中ぐらい、細めと分かれる場合があります。細い秋田杉の根から太い方に養分が回っている可能性が高いのです。細い木が太い木を支えているといえるかもしれません。

 これは森林にも当てはまります。秋田杉が整然と並ぶ林より、ナラやクリといった広葉樹と交じる混交林の方が、台風や大雨のもたらす災害に強いことが明確になってきました。高さも太さも樹種も多種多様な木々がバランスよく生育し、支え合っているからと考えられます。

(全文 750 文字 / 残り 501 文字)

この連載企画の記事一覧