ハピネッツ、23日ホームで千葉戦 ロースコアの勝負が鍵

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
敗れた琉球戦で激しい守備を見せる秋田の白濱僚祐(右)と伊藤駿(左)=20日、沖縄市体育館
敗れた琉球戦で激しい守備を見せる秋田の白濱僚祐(右)と伊藤駿(左)=20日、沖縄市体育館

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)東地区5位の秋田ノーザンハピネッツは、23日午後7時5分から秋田市のCNAアリーナで同地区6位の千葉と戦う。試合ごとに連係が深まっており、今季は調子が上がらないものの昨季2季連続でリーグ準優勝した千葉と好勝負が期待される。

 千葉は昨季、同地区で52勝8敗と圧倒的な強さを見せたが、今季は平均失点84のディフェンスが締まらず2勝5敗と出だしでつまずいている。元秋田のガード富樫勇樹を中心に速い展開と内外からの攻撃力はリーグ屈指。フォワードのパーカー、エドワーズも得点力が高く要注意だ。

(全文 535 文字 / 残り 273 文字)