北前船と秋田のつながり紹介 県立博物館、船絵馬など展示

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
航海の安全を祈願して奉納された「船絵馬」を見学する来館者
航海の安全を祈願して奉納された「船絵馬」を見学する来館者

 江戸期から明治期にかけて日本海側の交易を担った「北前船」をテーマとした企画展「北前船と秋田 日本遺産認定記念」が、秋田市金足の県立博物館で開かれている。航海の安全を祈願して寺社に奉納された「船絵馬(ふなえま)」や、船内で使われていた「船箪笥(ふなだんす)」など、北前船に関する資料150点が並ぶ。来月17日まで。

 2017年4月に「北前船寄港地・船主集落」が文化庁の日本遺産に認定されたことを受け、北前船と本県のつながりに理解を深めてもらおうと企画した。構成自治体は16道府県45市町で、本県は秋田、能代、男鹿、由利本荘、にかほの5市。

(全文 598 文字 / 残り 329 文字)